私は「G2A に気をつけろ」と何度も書いているわけですが、この前 YouTube で日本人のゲームプレイ動画を見たら G2A でゲームが安く買えるよとゲームの開始前に紹介していて驚きました。スポンサーされていなかった様子だったのですが。

たぶん私が思っている以上に G2A でゲームを買うことが浸透しているのですね。まぁ安いから仕方がないと思う反面、安すぎて不安にはならないのかなと不思議に思います。

本人がリスクを分かっていて使うなら良いのですが、YouTube を見ている若い人たちに勧めるのはさすがに私にはできません。(日本ではたぶん YouTube は若い人が見ていると思うのですが、ゲーム関連になると全体平均よりさらに若い人が見てるはずです)

G2A に関して過去に書いたものをちょっと紹介しておきます。

今回は G2A Direct のことを書きます。

今年の GDC (Game Developer Conference) で起きた tinyBuild と G2A の衝突を受け、Polygon が G2A Direct に参加したデベロッパーに質問をしています。

まず、GDC では「詐欺とあなたのゲームエコノミー」という公開討論があり、当然 G2A のようなサイトのことに触れられるわけですが、その質問タイムに G2A の Marius Mirek がマイクの元へ行き、tinyBuild の CEO Alex Nichiporchik に対して「G2A は悪くない」という発言をしました。

Feud between G2A and Tiny Build sparks up during GDC panel - Polygon

“Ladies and gentlemen … I am actually from G2A.com,” said Mirek. “I was directly involved with Alex’s case and I would like to dispel a few things, first of all. G2A.com does work with developers directly and any one of you can email me. And let’s address your codes, because I was handling your emails. You have provided not a single [game] code [for us to validate the alleged fraud].”

“You’re really going to do this at GDC?” asked Nichiporchik, before Mirek was shut down by the panel moderator Scott Davis, director of games and entertainment at Digital River, the panel’s sponsor.

G2A Direct

この場面があり、Polygon は G2A が始めた G2A Direct について調べ記事を書いています

「G2A Direct」は G2A 内部で販売されたゲームコードの価格の 10% を、 G2A Direct に登録したそのゲームのデベロッパーに支払うという仕組みのことです。そして D2A Direct に登録したデベロッパーは自分のゲームを G2A で販売できる。

下のような状態になります。下は「Superhot」の G2A のストアページです。

G2A signed up 100 developers to its game key marketplace. How's that working out? - Polygon

Superhot のデベロッパー Superhot Team は G2A Direct に参加したわけです。

しかし当然ですが、通常価格の Superhot は G2A で取引されている Superhot のゲームキーの価格の3倍ほどで、売れないでしょう。

何で Superhot Team が G2A Direct に参加したかというと、「Taipei Game Show などで G2A のスタッフが親切だったから、参加しないわけないでしょ」とのことです。

G2A Direct の問題は、これに参加しないとデベロッパーは G2A で販売されるゲームコードの価格の 10% を貰えないことです。G2A 側は参加して貰えれば「あのデベロッパーとは契約している」と言えるわけです。現に「100社と契約している」と話しています。

G2A はデベロッパーが G2A Direct に契約しなくてもそんなに構いません。かなり儲かっていますし、デベロッパーが契約してくれば「あのデベロッパーとは契約している」と公言できるわけです。

一応 G2A にとって契約していると言えることはゲームコード販売の正当化には重要です。以前 G2A は自らを Authorized Reseller だと言っていたわけですが、Steam などに確認したところ嘘でした

ですがゲームコードの販売と言っても、G2A は自分でゲームコードを仕入れてきているわけではありません。仲介手数料などで儲けています。

G2A は自分たちでゲームコードを販売していないから「詐欺を無くそうとしている側」に立っており、自分たちが詐欺ができる場を提供していることに目を瞑り、「詐欺はよくないよ!」と言っています。

不正に入手されたゲームコードを G2A で販売されなくなったら G2A はどうなってしまうか、と考えると G2A は舵取りが難しいですね。厳しくしすぎても…

クレジットカード詐欺などで買われたゲームはデベロッパーにお金が渡らないことが多いのですが(渡っても問題ですが)、そうやって不正に手に入れられたゲームコードから利益を得るには G2A Direct に参加しなくてはなりません

小さなデベロッパーにはかなり強い圧力となるでしょう。

Superhot Team は本当にバカっぽいのですが、そう振る舞っているかもしれませんけど、…どちらにせよバカなのですが、ゲームコードが安く売られている事実に対しこう答えています。

“I don’t have any problem with our games being sold with a lower price,” said Lisowski. “Somebody has bought them somewhere, so we already received our share for that sale.”

「安く売られても全然問題ないよ。誰かがどこかで買ったんでしょ? そのお金はもう受け取っているよ」。もう完全に飼い慣らされています。

G2A は香港の会社

私が以前コンタクトを受けた G2A の人はポーランドの人でした。日本での販売のスペシャリストと名乗っていました。

G2A のサイトは英語で、英語圏の会社なのかと思ってしまう人もいるかと思いますが、G2A は香港にあります。これで怪しさがぐっと増したと思います。

ゲームキーを販売するサイトのほとんどが中国にあるんじゃないでしょうか。

デベロッパーは G2A が海外にあるため訴えにくいようです。

Reddit ユーザーによる報告

G2A の人に Reddit の AMA で「G2A のシステムには(詐欺ができる)欠陥がある」と指摘したらバンされたユーザーがいます。

G2A has flaw in their system pointed out to them, promptly "bans" user.

G2A has flaw in their system pointed out to them, promptly "bans" user. - Imgur

また、G2A でゲームの購入の際にこの保証に入ると安心だよと「G2A Shield」への加入を勧められるのですが(一応オプションですが、デフォルトで加入がONで、チェックを外してOFFにしにくい)、これが一度加入してしまったらなかなかキャンセルできないという報告。

The greatly-misleading, ~12-step G2A Shield unsubscription process (I need an r/semifraudulentdesign).

The greatly-misleading, ~12-step G2A Shield unsubscription process (I need an r/semifraudulentdesign). - Album on Imgur

McAfee もびっくりの12ステップ必要なようです。

G2A でゲーム買う人は気をつけて

ということで、G2A では安くゲームを手に入れられる訳ですが、購入者が犯罪の一端を担っている可能性があります。

知らずに買った方が幸せなのかもしれませんが、ゲームが安くなればなるほどデベロッパーに資金が回らなくなるのは分かるかと思います。

だって安く売られるゲームなら安く開発しなければなりませんから。みんなスマホのゲームを作るようになってしまいそうです。小さなデベロッパーならそっちの方が良さそうです。

「ゲーム」の最近記事

最近の記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。