アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~」。死ぬ前に記憶・意識をアップロードして仮想空間で生きる世界。未来はこうなるかもというSFコメディ、と共にミステリー。

Amazonオリジナルのドラマです。Amazonオリジナルのドラマは面白いものが多くていいです。もちろんつまらないものもありますが、結構頑張っていると思います。

とても面白かった「BOSCH / ボッシュ」もAmazonオリジナルのドラマでした。

派手さがない故に丁寧なストーリーと展開と演技で引き込まれる刑事ドラマ。娘が父親に優しい奇跡『BOSCH/ボッシュ』レビュー
派手さがない故に丁寧なストーリーと展開と演技で引き込まれる刑事ドラマ。娘が父親に優しい奇跡『BOSCH/ボッシュ』レビュー
楽しめた度

ヘロヘロでも死ぬ前に「アップロード」するかどうかを決める

主人公は自動運転の車に乗っていて、AIが目の前のトラックを認識できずに突っ込んでクラッシュ。緊急搬送される。自動運転車で事故に合うっていうのも風刺的なコメディです。

担架にガラガラ乗せられて手術室へ行くかと思いきや、事故でヘロヘロなのに看護師に「アップロード」するか、普通の手術をするかを選んでと言われる。

「アップロード」は記憶をサーバーにアップロードするというような意味です。ただし記憶だけでなく、意識もデータとして保管できるようです。なので自我は失いません。

死んでからだと「アップロード」できないようで、生きているうちにどうするか選ばなくてはいけません。事故でヘロヘロなのに今すぐに決めないといけないようです。

主人公は手術をすればまだ死なないだろうから「アップロード」を迷っていると、付き添いの彼女に「私と永遠に一緒にいたくないの?」と言われ、それに対して「うーん、君は素敵だけど、永遠に一緒にいるのはなぁ…」とちょっと返してみたり

ナイストライ! …すぐに彼女に負けてしまいますが。彼女の尻に敷かれています。

彼女がうるさいので「もう分かった」と「アップロード」を決意すると、看護師から同意書(タブレット)を渡されます。これを読んでから同意ボタンを押さなくてはなりません。ヘロヘロなのにこんな長い文章は読めないよ。

死後の世界はインターネット(オンラインゲーム)のあるあるネタ満載

「アップロード」してあの世に行ってからが面白い。仮想世界なので理想郷が作られているかと思いきや、そうではありません。

主人公のアバターを作った担当者のイタズラで主人公の髪の毛がいつもピョンと跳ねてしまったり、何か食べたいのに「アプリ内課金」が必要だったり。仮想世界でもお金が必要です。主人公は現実世界にいる彼女にお金を払ってもらっています。肩身が狭い。

おしっこが何があっても必ず排水溝へ向かって飛んでいくシステムなのを利用しておしっこ中に移動して遊んだりも。窓から外に向かっておしっこをしても、うにょっと曲がって排水溝に飛んでいきます。

朝食の時間に間に合わなくて朝食が消えてしまったとき、パンを作る機械をバタンバタンと5回連続で開け閉めするとパンが登場するバグを仮想世界の住人に教えてもらって使ってみたり。

目の前に広がる湖は、よく見ると波の動きがワンパターンの繰り返しだったり、みんながいるからラグっていたり。オンラインゲームなどのバーチャル空間でよく見る光景です。

つまり、「アップロード」の仮想世界は単なる一企業が作ったバーチャル空間のサービスなのです

仮想世界を「電脳世界」と表現すると政府などによって運営される巨大なものを想像しますが、「アップロード」では単なる1つのオンラインサービスとして軽く描かれています。

「死」に対する意識・感覚もちょっと軽い。「でぇじょぶだあ、ドラゴンボールがあれば生き返れる」みたいな。

覚えている人もいると思いますが「セカンドライフ」っていうヴァーチャル世界のサービスに近いです。Electoric Atrs のシミュレーションゲームの「ザ・シムズ」シリーズとかを想像してもいいです。

インターネットやオンラインサービスのあるあるネタがたくさん出てきます。パソコン、スマホ、オンラインゲームなどに親しみがある人ほど笑えるでしょう。

あと、SFですから、将来こうなるだろうなぁということも面白く描かれています。

人からのスターでの評価の高さで保険が適用されるかどうかを決められてしまったり、触覚を通信できるセックススーツを着て仮想世界と現実世界で触れ合ってみたり。

ミステリーが含まれ、緊張感と笑いの複雑な感情になる

このドラマはコメディと共にミステリーの要素もあります。

仮想世界でアプリ内課金をしたいのに主人公には自分のお金がなかったり、記憶(のファイル)が一部だけ壊れている箇所があるのです。何者かによって記憶ファイルが消されたところも。

彼女の態度がどうも怪しいのです。仮想世界から現実世界の彼女に電話をしてお金のことを訊くと、なぜか彼女ははぐらかして質問に答えてくれません。

彼女は普段から主人公を尻に敷いていて自分勝手に振る舞う身勝手な性格ではありますが、主人公の質問にまったく答えないのはさすがにおかしい。

主人公がいなくなってもあまり気にせず、現実世界で良い暮らしをしているようです。主人公はアプリ内課金ができないから良い食事を取ることもできないのに。

アップロード前の主人公はスタートアップとして起業をし、資金も集め、会社はうまくいっているようです。なのでお金があるのはずなのですが、何故か自分の銀行口座にお金がないのです。仕方なく彼女に仮想世界のお金を払ってもらっています。

主人公が「アップロード」された「レイクビュー」という場所(サービス)のお金は彼女に払ってもらっていて、主人公はあまり強く言い出せません。彼女がお金を払うのをやめれば、主人公は最悪の場合は消えてしまいます。

データの消去が未来の世界での死です。現実世界に行って調べられないのがもどかしい。

でも主人公の味方をしてくれる仮想世界の案内役の女性ノラがいます。ノラは現実世界で生きていて、VRデバイス(HMD)を通して仮想世界のサービスを提供する会社で働いています。

主人公はノラと仲良くなり、ノラが主人公のために色々と調べてくれます。

ちなみに「アップロード」サービスを行っている会社もいくつもあるようです。葬儀屋のようなものです。それぞれの仮想世界によって料金が違っていて、たくさんお金を払うと死後も良い暮らしができます。

主人公は彼女の家族が使っている「レイクビュー」というところに「アップロード」されます。彼女の父親はお金持ちです。

主人公には彼女の管理下から抜け出す手段があって、「レイクビュー」から他の仮想空間サービスに移り、自分の母親に主人公のデータを管理してもらう手があります。

1話が短いから気楽に観れてのめり込める

このドラマは大体1話30分ほどで、気楽に観られます。未来はこうなるだろうなぁという風刺ネタやコメディで笑わせてくれ、ミステリーでも先が気になり、30分はすぐに終わってしまいます。

1話が45分~1時間のドラマが多い中、30分でさくっと観られるドラマは今後流行るかもしれません。

あ、ちなみにヒロインのノラが美人で個人的に嬉しかったです。主人公の怖い彼女も美人だと思うのですが、性格が…。美人が登場すると見続けられます。

このドラマの世界は2033年。かなり近いですが、その時になってもたぶん記憶のアップロードで死後も生き続けられるサービスは登場しないでしょう。

Amazon Prime Videoで観る(吹替版)Amazon Prime Videoで観る(吹替版 4K)Amazon Prime Videoで観る(字幕版)Amazon Prime Videoで観る(字幕版 4K)

「レビュー」の最近記事

最近の記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。