Apple Pencilは重くてつるつるで使いにくい。メモ用なら実は中華製のiPadタッチペンの方が優れている

2年くらい前に Apple iPad を買ったときに一緒に Apple Pencil を買ったのですが、このペンが使いにくくて困っていました。

でもみんな Apple Pencil はすごいって言っているしなぁ…。

今はまだこれがタッチペン(スタイラスペン)の限界なんだろうか…。

そこで最近たまたま見つけた中華製の安い iPad 用のタッチペンを買ってみたらすごく便利です。

私はメモにしか使っていないので Apple Pencil と遜色ありません。

というか Apple Pencil よりも良いです。

良かった度

Apple Pencil のどこが使いにくいのか

私の Apple Pencil への不満はこちら。

  • 価格が高い。価格に見合わない
  • ペンが長い。重心がペンの中央
  • ペンがつるっとしていて持つと滑る。滑らないように指に力を入れるため疲れる
  • ペンが重い。持つのが億劫
  • ペンの形状が円筒型なので転がってしまう
  • 充電が面倒
  • 使わなくてもバッテリーが減っていく

私が iPad を買ったとき、Pro ではないただの iPad は Apple Pencil の第1世代にしか対応していませんでした。

Apple Pencil 第1世代は第2世代ではできる無線充電が出来ないのは知ってはいましたが、やはり充電が不便でした。

充電はペンの末端のパーツを外して Lightning コネクタに差し組むのが面倒です。その取ったペンのパーツを失くさないようにするのも大変。

iPad に差し込んで充電するときはペンが飛び出ていて、ペンに上から力が加わると接続しているプラグがバキッと折れそうです。

Apple Pencil はペンとしては持ちにくく、ペンが長くてつるっとしていて重いなんて最悪です。

実は良いところがあまり見つからないペンです。

でもAmazonとかのレビューを見ると高評価なんですよね。よく分かりません。

筆圧検知と傾き検知は便利だとは思いますが、絵を描く人しか必要ありません。

私はメモが出来れば十分なのです。

中華製 iPad 用タッチペンを買ってみた

Amazonで iPad で使えるタッチペンを検索してみたら、今は色々と販売されていました。

2018年以降の iPad で使えるタッチペン(スタイラスペン)という製品があり、これなら良さそうです。

傾き検知機能はあるのですが、筆圧検知が無い。でもメモ用のペンなので問題ありません。

類似品が大量に販売されているので、選別したポイントはこちら。

  • LEDランプが3つあるもの(1つだけしかないものよりも分かりやすい)
  • USB-C での充電(特殊な充電方法は充電ケーブルが壊れたら終わりなので避ける)
  • 同じタイプならたぶんどれでも品質は同じなので、できるだけ安いもの
  • 問題があったときに返品できるようにAmazon配送のもの

Amazonで検索すると現時点ではランプ(LEDライト)が1つのものが多いのですが、3つランプが付いている方が便利です。

バッテリー残量は1つのランプでは分かりません。3つランプがあると残量を確認できます。

それで、こちらを買ってみました。一応「KYOKA」というロゴが入っています。

私が買ったときはこれが一番安かったです。替えのペン先が3つあり、ペン入れも付いています。

長さは Apple Pencil よりやや短い

ペンの長さは Apple Pencil よりやや短い程度です。Apple Pencil は一番右。

一番左は私が使っているシャープペン。普通のペンはこのくらいのサイズです。

軽い!

私が買ったこのペンは重さが 16.2g と説明書に書かれています。

Apple Pencil は第1世代も第2世代も 20.7g です。

5g ぐらい違います。この差はかなり大きいです。

上の写真のシャープペンと同じくらいの重さで、Apple Pencil の重さを知っていると「うわっ軽い」と思ってしまいます。

Apple Pencil は長くて重いのでペンを持つのが億劫になるのですが、この軽さなら気が楽です。

ペンに平らな部分があって転がらない、握りやすい

ペンに平らな部分があり、転がらないようになっています。

この平らな部分のおかげでペンが握りやすいのも良いです。

Apple Pencil はつるっとした円筒型で持ちにくいので、写真のようにグリップを付けて使っていました。

グリップがあると転がらなくなるのですが、重い Apple Pencil がグリップ自体の重さでさらに重くなって使いにくいです。

充電はちょっと面倒だけど Apple Pencil 第1世代よりは良い

充電はカバーを外して USB-C プラグを差し込みます。

Apple Pencil 第1世代からするとこれでも楽です。

Bluetooth 接続は必要なし。使用時は頭を2回タッチですぐに使える

使用するときはペンの頭の部分を2回タッチします。そうするとLEDランプが点灯し、電源ONでペンが使えるようになります。

上の写真ではライトを見やすくするために陰で撮影してあります。

5分間なにもしないと自動で電源OFFになります。

Apple Pencil と違って Bluetooth 接続が必要ないのが楽です。

ホコリ侵入の保護パーツのせいでマグネットにくっつかない

このタイプのペンは、ペンの平らな面にマグネットが入っています。

でもその平らな面には USB-C プラグへのホコリの侵入保護のためのゴムの蓋があります。

これが邪魔をしてマグネット間に隙間ができてペンがくっつきません。

私は iPadのカバーにマグネットが入っているタイプのものを使っているのですが、このゴムの蓋のせいで隙間ができ、ペンがカバーにぴったりとくっつきません。

それが上の写真です。

そもそもペンに入っているマグネットが弱く、ゴムの蓋を取ってからくっつけても簡単に落ちてしまいます。

ここは残念なポイントですが、私はマグネットはそれほど必要ないので構いません。

書き味は Apple Pencil と遜色なし

心配だった書き味ですが、Apple Pencil と遜色ありません。同じ感覚で使えます。

むしろ Apple Pencil の方が Bluetooth 接続をしているからちょっとラグがあるかもしれません。

これなら Apple Pencil でなくてもいいです。

ちなみにペン先の内部はどうなっているか

ペン先を外してみたところです。上が今回のペン、下が Apple Pencil 第1世代。

複雑さが違います。これが筆圧検知のありなしの差なのかも。

軽くて嬉しい。買って良かった

良い点

  • 価格が安い
  • 軽い!
  • 持ちやすい
  • 書き味は Apple Pencil と遜色なし。ラグもない

悪い点

  • たまに書き始めのわずかな時間だけ反応しない
  • 耐久性が不明
  • マグネットが弱い

Apple Pencil が 12,000~15,000円ほどですから、この中華製のペンの 2,000~3,000円はとても魅力的です。

Apple Pencil が良いって言うから買ってみたのですが、私には重すぎました。

それに絵を描かない人は Apple Pencil ほど高機能なものは要りません。傾き検知も筆圧検知も要らないです。

一番良いのは軽いこと。

Apple Pencil は重すぎます。できればペンを持ちたくないと思ってしまうほどの重さです。

Apple Pencil の様にペンが完全な円筒でつるっとしていないのも、持ちやすくて良いです。

中華製だから心配だったのですが、全体的にすごく良いです。

メモにしかペンを使わない私にはこの 2,000円くらいのペンで十分です。

いやむしろ、こっちのペンの方が良いです。軽くて最高です!

これまで iPad のタッチペンは Apple Pencil しか選択肢が無かったのですが、今は選択肢があって嬉しいです。

私のように Apple Pencil が重い・持ちにくいと思っている人は、Apple Pencil よりもかなり安いですから是非試してみて下さい。

今回買ったランプが3つのタイプのペンを下にいくつか載せておきます。

替えのペン先がいくつ付いているかなどの違いはありますが、たぶん本体は全部同じです。安いものを買えばOKです。

「レビュー」の最新記事

その他の最新記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。