最近の TPS ゲームは GTA IV チックな移動画面ばかり。そこには少し辟易している。問題は GTA IV よりも動きが緩慢なこと。走るボタンを押してから走り出すのにも 0.何秒か時間が掛かり面倒。移動の煩わしさがこのゲームを開始してまず目に付いたところ。

このゲームの特色である事件の捜査は少し新鮮。現場を調べ、落ちているものなどを手にとって眺める。犯行に使った銃などを探したり、重要な証拠を見つけたりする。捜査はゲームとしては新鮮で面白くはあるのだけど、事件と関係が無い空き瓶やゴミなども手にとって見られるのでそこは少しゲームのテンポを悪くしていると感じる。ゲームの最初はゴミの方が多かったりする。なお、アイテムを眺める際にはアイテムを少し回転でき、実際にもこんな感じに眺めるだろうなというリアリティがある。


事件の重要人物との会話。

見つけたアイテムや証拠を使って、目撃者や犯人と会話する。取り調べのようなもので、このゲームの特色の一つ。でもこれが難しい。相手が嘘をついていたり、少し違ったことを話したりするのでそれを鋭く突かないとならない。反証する時には必ず見つけたアイテムを使わないとならないのだけど、自分の思っていることとゲームの流れが少し食い違っている事が多い。その為、自分が「これを使って相手を問い詰めたい!」と思って選んだアイテムは話には全く関係が無く、反証失敗になってしまったりする。

他にも相手を「疑う」コマンドも難しい。相手の会話や表情から、嘘をついていると思ったらこれを選ぶらしい。ゲームでの表情を見て「嘘だ」と見抜くというのはシステムとしてはちょっと曖昧だ。反証は一応はしっかりしたシステムではあるのだけど、「疑う」は明確にこれだと選べない。また、会話での選択は一度間違うとすぐに失敗となってしまい、同じ場面はやり直せない。別の手掛かりから犯人を追えたりするのだけど、これでは事件を本当に解決したとは言えず、クリアしてもちょっと気持ち悪い。

「逆転裁判」のような、会話途中で「異議あり!」システムにしても良かったように思える。あのシステムは相手の会話と自分が調べた情報が食い違っている部分を、証拠のアイテムを指定することで示す。何度か失敗できるのでゲームとしても優しい。L.A. Noire は一度選ぶのを失敗したらやり直すにはセーブをロードするしか無いのでちょっと面倒。

雰囲気は Mafia 2 に随分似ていると思う。Mafia 2 のようにこのゲームにも銃撃戦がたまにあるのだけど、これってこのゲームに要らないんじゃ無かろうか。あと車での移動も要らないんじゃ無かろうか。GTA IV の様にすればみんなが喜ぶという事では無いことに気付いて欲しい。


車で移動。

また、車での移動はカメラの視点が勝手に切り替わりかなり見辛い。道路を右折する時に車のタイヤを映す視点にしたり、車の前からの視点にしてどうしたいのだろう? これでは前が見えないのでうまく曲がれない。この視点変更は本当にダメ。設定で何とか出来ないかと試してみたのだけどどうやらダメな様子。ただ、これはゲーム初めあたりの演出かバグらしく、そこを過ぎると勝手に視点変更されなくなる。

あと、このように車での移動をリアルにすると信号を無視してはいけないなどという社会的な規則や道徳的なものもゲームに乗っかってくる。これはゲームとしては結構邪魔だ。ゲームでも規則を守ると信号待ちでぼけーっと10秒ほど待つ時間がある。このような、ゲームをプレイしているのに何もしない暇な時間があるというのは排除して欲しい。GTA IV や Mafia 2 では悪役のロールプレイのような状態だったので信号無視しても大丈夫だったのだけど、このゲームは主人公は警察官や刑事だ。本来なら信号無視はあり得ない。それでも私は信号無視をしてしまう。待つのは退屈だ。

全体的には逆転裁判の方が楽しいかも…と少し感じてしまっている。でも折角購入したのでもう少しプレイしてみよう。

「レビュー」の最新記事

最新記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。