Fallout 3 は本当は面白いゲームなのではないだろうか。もう少しプレイしてみれば面白さが分かるのでは無いか。と思って、前に途中でプレイを止めた Fallout 3 をもう一度インストールしてやってみた。

初めからプレイして、顔を作る場面で、こんな顔しか作れないのかと落胆して中断。終わりが早かった。しかし、色々な MOD があるのは以前から知っていたので、よくある Beautiful People 系の MOD があるのではないかと思い探した。その結果、Shojo Race というのが日本人に合っていそうだ。早速入れてみて、キャラクターの顔には少し満足。これでプレイを始められる。それにしても、Fallout 3 には MOD がたくさんあるのはいいのだけれど、MOD の導入が本当に面倒。色々なサイトを見てみたけれど、どれも説明が分かりにくかった。

プレイ開始後、自分の10歳のパーティーが開かれる。このときの会話が私には理解できない。怒っているのか、喜んでいるのか、私と友達なのか、好意を持っているのか、ほとんど分からない。Fallout 3 の会話からは、人がみんな冷淡という印象を受ける。さらに困惑させるのが、この後の G.O.A.T. という職業の適性テスト。

Your Grandmother invites you to tea, but you're surprised when she gives you a pistol and orders you to kill another vault resident. What do you do?

  1. Obey your elder and kill the vault resident with the pistol.
  2. Offer your most prized possession for the resident's life.
  3. Ask granny for a Minigun instead. After all, you don't want to miss.
  4. Throw your tea in granny's face.

あなたのおばあちゃんにお茶に呼ばれたが、驚くことに、おばあちゃんはピストルをあなたに渡し、Vault の住人を殺すように命じてきた。あなたはこの状況でどうする?

  1. おばあちゃんの言うとおりにして、ピストルでその人を殺す。
  2. 自分の一番大切なものを、その人の命の代わりとしておばあちゃんに渡す。
  3. おばあちゃんにピストルではなくミニガンが欲しいと頼む。殺し損ねたくないから。
  4. お茶をおばあちゃんの顔に投げて浴びせる。

Fallout 3 の主人公は Vault という閉ざされた場所にいる。G.O.A.T. の職業適性テストは、その Vault の中での職業の適性に使われるらしい。上の問題はどう捉えれば良いのだろう? とても適性テストには思えないというのがまずある。次に、解答の選択肢が極端。私なら、まずは「理由を聞く」のだけど。このような問題が何問かあり、その結果、試験官から自分が就く職業を教えられる。

おそらく Vault という空間が異常だとプレイヤーに思わせるためのプロットだと思われる。さらに Vault では監督者に逆らってないけないという慣習のようなものがあるらしい。それも異常だと思わせるのに力を貸している。通常、おそらくプレイヤーはプレイ直後は世界が何も分からないので、世界観をつかもうとする。しかし、世界観をつかもうとするのだが、Fallout 3 では世界観をつかめない状態がずっと続く。中盤か後半に分かりだしてくるのだろうと思うけれど、私はこれの所為でストーリーに全く興味が湧かなかった。分からない世界を旅している状態で、漠然としすぎていた。

また、このゲームのシューティング要素はつまらない。武器の種類は結構あるのだけど、弾が敵に当たっている感じが全くない。敵の体力ゲージを常に見ながら撃たないと当たっているか分からない。さらに、銃が弱い。バットで殴った方が強いことが良くある。これは銃が好きな私にはあまり合わない部分。このゲームは FPS がメインなのでは無くて、RPG がメインなのだろう。

その RPG なのだけど、善悪の選択をプレイヤーに任せるという面もあるのだけれど、どちらかと言えば相手に対して強く出るか弱く出るか、という選択が多かった。これが世界で高評価される「RPG」というものなのだろうか。これなら Dragon Age: Origins の選択肢の方が良くできてる。

Fallout 3 は評価が高い作品なので、どこかしら楽しさがあるのだと思う。私が楽しさを感じたところは、アイテムを拾う部分。私はアイテムを拾うのは楽しさを感じるらしい。たくさんのアイテムを拾う中で、必要なアイテムを選別したり、同じアイテムがあれば装備を修理できるのもいいと思った。

結局、Fallout 3 を続けてプレイするのは再び諦めた。Mass Effect をプレイしていた時のようにストーリーに引き込まれる感じは全くなかったのが大きい。Fallout 3 のプレイを再び挑戦してみたのだけど、結果は「Fallout 3 は何が面白いのだろう?」という疑問がよりいっそう強まっただけだった。このゲームの評価が高いのが不思議だ。

「レビュー」の最近記事

最近の記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。