Call of Duty: Modern Warfare 3 の Campaign をプレイし始めた。しかし、本当につまらない。CoD というゲームは CoD4 辺りから少し変わってきた。武器が現代的になってきたというのもあるのだけど、銃の集弾率が CoD2 に比べて悪くなってきたことや、演出に本当に拘るようになってきた。この為か、CoD:MW3 は演出を見るためにただ「前に進んで行くゲーム」だと感じてしまった。Final Fantasy がムービーを見るために進めるゲームと称されるなら、CoD:MW3 も演出を見るために前に進んでいくゲームと言える。CoD2 のように敵を撃ち倒すことに重点が置かれていない。

ゲーム中のイライラ箇所も挙げつつ、まとめていく。

イライラ1: 集弾率

MW3 の銃は集弾率が悪いので、「敵を狙って撃つ」という FPS 本来の面白さが損なわれている。一応敵を照準で狙って撃つのだけど、狙っている場所に弾が飛ばない。これは本物の銃でもこうなのかもしれないのだけど、これにより敵に向かって弾をテキトーに撃って当たったらラッキーという感じの撃ち方になってしまう。タップ撃ち、1点バーストでも狙ったところに飛ばない。狙った場所に飛ぶのはスナイパーライフルだけ。

イライラ2: 撃たれた際の画面効果

敵に弾を撃たれた瞬間の画面。

敵に撃たれた時の細かな演出はかなり煩わしい。敵の弾がプレイヤーに当たると、画面全体がぼやけ、照準が上を向く。敵が分からない場所から撃ってきている時、画面上の血のマークから方向だけは分かるのだけど、その方向を振り向いてもぼやけた画面では敵を探せない。画面がぼやけ敵が見えず、撃たれて照準が上を向き狙えないというダブルコンボにより、プレイヤーは一方的に敵から撃たれてしまうという状況が作り出されている。なので、この状況ではまずは遮蔽物に身を隠すという行動しか無いことになる。リアルと言えばリアルになるのだろうけど、画面が見づらいというのは耐えられない。

撃たれたら照準が上に向いてしまうのはまだ許せる。相手の方が先に撃ってこちらに弾が当たったのだから、まあ撃ち合いに有利にしても良いだろう。でも画面がぼやけるのは、ゲームとしてはかなり煩わしい。FoV も狭いのにさらに画面を見づらくしてどうするのか。

イライラ3: 敵が死んだか分からない & 爽快感が無い

敵はヘッドショット2発ほどで死ぬ。しかし、集弾率の悪さから敵に弾を当てたという実感は無いし、敵は撃たれた箇所からあまり血が出ないので当たったか分かりにくい。死ぬモーションも無く、敵が死んだか分かりにくい。プレイヤーが「どこから敵に撃たれているんだ」と分からない時、地面に倒れている敵から撃たれていることも良くある。それに、敵を撃つことに爽快感が無い。敵は体には弾が数発当たっても大丈夫なので、撃っても少しよろめく程度。大量に出てくる敵を撃つ爽快感が全くないので、敵を倒すのがほぼ作業になってしまっている。

イライラ4: 味方の「前へ進め!」の連呼

味方の「前へ進め!」の声にもイライラしてしまう。前に敵が大量に居ることが分かっている場所で、一緒に行動している味方がプレイヤーに「前へ進め!」「進み続けろ!」と繰り返し言うはどうだろう。敵数十人と戦って、全体で2、3人しかいないプレイヤー側が勝つ方がおかしい。実際の戦闘なら前へ出たら死ぬのが分かりすぎている。そのくせ、その味方はずっと遮蔽物に隠れている。自分は隠れつつ「前へ進め!」を連呼していてうるさい。プレイヤーは囮なのか。その上、MW3 では味方が弱い。味方は 1m 先の敵にも弾を当てられない。何やってるの? イライラして味方に1マガジン撃ち込んでしまった。

「前へ行け、前へ行け」とプレイヤーに叫びながら、1m 先の敵とお戯れになっている味方のその様子は滑稽すぎる。

イライラ5: 乗り物がつまらない

ヘリに乗って上空から敵を撃ったり、水中を移動したり、水上をボートで移動したり。こういう何かに乗ったり、強い重火器を使うシーンは私は全く面白くないと思っている。CoD では毎回ヘリや戦車のシーンが出てくるので、その度毎に早く終われと祈っている。アサルトライフルなどの銃で敵を撃ちたいのに、戦車に乗せられてつまらない砲撃戦をさせられても全く楽しめない。戦車に乗せること自体が悪いというより、CoD のそういった演出時は作業感が強いからダメなのだろう。サブイベントの乗り物が楽しいゲームだってある。

まとめ

このゲームの集弾率の悪さは「ゲーム」において特に致命的で、敵に弾をスプレーして倒し前に進むだけのゲームにしてしまっている。そして戦闘における爽快感は皆無。結果的に FPS パートは単なる作業パートとなり、その後のストーリーや演出を見るだけのゲームに成り下がってしまった。しかし、そのストーリーがつまらないので演出もどうでもいいやと感じてしまった。CoD のストーリーについては、戦争物のゲームということでやはりミリタリーを強く感じさせるものにするしかないと思うので、B級映画などで見るよくあるストーリーにするしか無いのだろう。Call of Duty:BlackOps はそういった中でも少し変わっていてほんの少し面白かった。でも、BO もどこぞの映画とストーリーが似ていると言われているのだけど。

ところで、CoD:MW3 は銃で敵を撃って進む場面が長く続かない。おそらく開発者達も、CoD の Campaign が飽きやすい事に気付いているのだと思う。MW3 では銃を使って敵を撃ったらすぐにヘリに乗ったり、ボートに乗ったりと忙しい。今までの CoD を濃縮してプレイしているような印象で、せわしなさが目立つ。

ゲームを開始して20分ほどで、「このゲームを止めてしまおうか」と考えてしまった。もしかしたら面白くなるかもしれないのでもう少しやってみよう。…うーんやっぱりつまらない。私の MW3 の Campaign のプレイ時間は2時間も行かなかった。結構頑張ってつまらなさに耐えたのだけど。

最近はリアル系寄りの FPS が多い。これは CoD4 の成功からなのか良く分からないのだけど、私はスポーツ系寄りの FPS の方が面白いと思う。実は私は CoD4 の Campaign もつまらないと思っている。でも、CoD4 は面白いと感じた人が世界的に多かったので、私が異端なのかもしれない。特に集弾率においては、Quake 3、Unreal Tournament 3 などの狙った場所にしっかりと飛ぶ武器が気持ちいいと感じているので、MW3 の集弾率の悪さが反って目に付いているだけなのかもしれない。でも、アサルトライフルをフルバーストで撃って照準通りに飛んでくれと言っているわけでは無く、MW3 でも1点バースト撃ちをしたら照準通りに飛ぶような仕様にして欲しかった。Battlefield 2142 などでは1点バースト撃ちは照準通りに飛んだのに。

「レビュー」の最近記事

最近の記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。