終盤はこのゲームが一番つまらなくなるところ。中盤では近接格闘が華だったのだけど、終盤では敵が強力な遠距離武器を使い出すのでどうしてもこちらも遠距離から応戦することになってしまう。遮蔽物から少し体を出すだけで体力がかなり削られる。このゲームはどうしたいのだろう? 近接戦闘をこのゲームのメインにしたいならこういったデザインにはしないはず。

遠くからチマチマと敵をスナイパーライフルやアサルトライフル(ボルター) で撃ち、見える敵を全て倒してからやっと前に進む。前半で出てきた弱い敵は終盤では全く出てこなくなるので、銃を撃つ爽快感は無い。こういったゲームは CoD でやればいい。

その上、終盤では近接武器が効かない敵が出てくる。これはバグでは無いと思うのだけど、こちらの近接攻撃が全く当たらないので銃で撃つしか無くなる。その敵は近接攻撃で突っ込んでくる。それを避けながら銃を撃つのは普通のシューターゲームをやっている気分になる。

最後のボス戦は厳しい戦いだった。敵が一斉に襲ってくるので、攻撃をできる限り食らわないように戦う。ボス戦の最後に戦うだろうボスに備えて弾薬を温存しながら戦っていたのだけど、これがなかなか厳しい。特に魔法使いのような敵は弾薬を温存せずにすぐに倒した方が良いね。最後のボスとの戦いはちょっと拍子抜けだった。最近こういう、シーン中で主人公が勝手に戦っている時に、表示される特定のボタンを押すというパターンのものが多い。自動的に進む、ほぼ見ているだけの戦闘なので弾薬は温存しなくて良かったのだった。

クリアまでのプレイ時間は7時間ほどだと思う。マルチプレイを少しプレイしたので正確なクリアタイムが分からない。キャンペーンのクリアまではこのくらいの長さで良いと思う。特に代わり映えしない戦闘システムとステージでずっと進んで行くような CoD タイプのゲームは私には辛い。Call of Duty シリーズは色々と手を出しているのだけど、その中の Black Ops しか最後までクリア出来なかった。BO もストーリーが無ければ途中で止めていたと思う。「CoD タイプのゲームをもっと長くプレイしたい」という人は果たしているのだろうか。Space Marine は徐々に武器は増えて行くのだけど、システムはそこまで変わらない。システムではなく敵が変わっていく。シューターゲームはクリアまで 7~10 時間ほどが丁度良いかも。

結局のところ、このゲームは終盤手前までが面白い。近接戦闘で敵をバッサバッサと倒していけるのは序盤しか出来ない。中盤は強い敵との緊張感のある近接戦闘。これが一番面白い部分。終盤は凡作。普通の TPS のシューターゲーム。ただ、一応褒められるのは武器の Accuracy が高い事。実は私は Gears of War は武器から弾がスプレーのように出るのが嫌だった。これだと銃を撃っている気がしない。そういう挙動が Space Marine では無いので、そこは良かった。また、ヘッドショット判定がある事。ヘッドショットを狙えば敵を倒しやすい。ストーリーもまあまあ楽しめるし、Space Marine は全体的には良作だと思う。

さてちょっと気になるのは、死んだ時のメッセージ。こういったシューターゲームでは通常、「死んではならない」という類の格言やメッセージが出るのだけど、Space Marine は違う。

上のように死を美化するような言葉が表示される。これは少し変わっていると思う。上の言葉は「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」と掛けているのだろうか。もしかすると本当に誰かの格言だったりするのかも。

「レビュー」の最近記事

最近の記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。