現在終盤の始まり辺り。Gears of War との違いを探しつつプレイした。でも、探す必要は無かった。序盤が終わった辺りから強い敵がたくさん出てくる。中盤のプレイを通して、この強い敵との対戦がこのゲームを面白くしているのを実感できた。

強い敵というのは、体力が高く、攻撃力も高く、気を抜くとすぐに殺されてしまうような敵。彼らは体格が大きいのですぐに分かる。突っ込んでくる彼らをどう処理するか、というのが中盤からの課題になる。私も何度か殺され、どうしたらいいだろうかと考えてプレイした。正面からただ近接攻撃を繰り出しているだけでは負けてしまう。

この戦闘は格闘ゲームのような雰囲気が出ている。相手の攻撃をよく見て避けたり、脇を抜けてから攻撃をしたり。攻撃をするにはコンボを出した方が良かったり。そして、敵をスタンさせてとどめの一撃を刺す。Space Marine は近接格闘をメインに作られているのが良く分かったのが中盤だった。序盤では銃を使っているだけでも何とかなる場面が多く、あまり近接攻撃を使わなかった。中盤では近接攻撃がメイン攻撃になるような場面が多い。このゲームは銃もメインに出来るようなデザインなのだけど、この近接格闘により敵を殴るゲームの Zeno Clash のような印象が強い。細かく言うと、Zeno Clash の序盤。Zeno Clash は中盤からは遠距離武器にイライラするゲームになってしまうので。この近接格闘がこのゲームの華。

ボス戦も面白かった。攻撃パターンを読んで避けるのがかなり重要。相手の隙を見て攻撃を叩き込むというこの行動は、敵を狙い撃つシューターゲームというよりもアクションゲームを思わせる。ロックマンを TPS でプレイしているような。このボスは BioShock での Big Daddy 戦よりも厳しく、体力をどう保つかが課題になる。体力はこのボスと一緒に出てくる雑魚敵に近接攻撃でとどめを刺して回復できるので、それをボスを躱しつついつ行うか、どうやって雑魚敵をとどめを刺せるスタン状態まで持って行くか、というタイミングの駆け引きになる。ボス戦では色々と忙しいので、緊張感のある楽しい戦闘だった。

序盤までのプレイでは、「このゲームの爽快さだけでキャンペーンを飽きずにクリアできるかな」と不安に思っていたのだけど、中盤からの近接戦闘でその不安は無くなった。このゲームは面白い。

ストーリーに関しては、ちょっとついて行けなかったりする。私は Warhammer 40,000 シリーズは Dawn of War 2 本体しかプレイしていないので、登場する人物が良く分からなかったりする。ネタバレになってしまうのだけど、中盤で Chaos という軍勢が突然登場する。「DoW2 にいたっけ」と思い記憶を探ってみたのだけど、思い出せない。そして、たぶん DoW2: Chaos Rising に出てきたのでは無いだろうかという結論に達した。Chaos Rising のタイトルの Chaos はそういう意味だったのか、と一人で納得してしまった。合っているのだろうか。

ストーリーは良く分からないながらも少し盛り上がる展開ではあるね。ストーリーにはあまり感情移入できないのだけど。実際のところ、このストーリーは良くあるストーリーだと思ってしまっている部分もある。まぁそれでも、ファンタジーなストーリーなので世界大戦などに沿ったストーリーよりは面白い。

「レビュー」の最近記事

最近の記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。