Diablo III の拡張パック「Diablo III: Reaper of Souls」をプレイ。Reaper of Souls は Standard 版を 50% OFF の $20 で購入した。結論から言うとこの価格だと少し高い印象を受ける。Diablo III 本体が 50% OFF で $20 だったのでその価格よりは少し安くないと適正さを感じない。

Reaper of Souls で追加されたところ

まずはなんと言ってもクラスが増えた。Crusader というクラスで、盾とハンマーを使う。少し使ってみたところ、中距離攻撃も範囲攻撃もいろいろとあるし、特に使いにくい印象は受けなかった。レベルキャップも70に引き上げられている。

ストーリーは Diablo III 本体の Campaign Mode で見た ACT IV に続き、ACT V が追加された。ストーリーはもちろん ACT IV から続いている。また、このようにストーリーを追っていく従来の Campaign Mode だけではなく、「Adventure Mode」が追加された。

Adventure Mode のマップ画面。「!」の印が付いたところに行って敵を倒すというクエストを行う。

Adventure Mode ではマップで指定された場所のクエストを5つクリアすると、良いアイテムが出る可能性が高い宝箱を貰えるというもの。この Mode はそれだけのための Mode。

上の画像の「Horadric Cache」という宝箱を貰え、開けると良いアイテムが入っている可能性が高い。現在(Patch 2.1.1)はこの宝箱からはお金が出ず、その分他のアイテムが出てくれて有り難い。

Adventure Mode は新しいキャラクターを作ってプレイを始める時にも良くて、ストーリーを一切見なくて良いので敵と戦闘をすぐに始めてレベル上げできる。いくつもキャラクターを作ってプレイしている人は同じストーリーを何度も見て飽きているだろうから、そういう人にとってはこのモードは快適だと思う。

その他 Blood Shard も手に入るようになった。

この Blood Shard は特殊な通貨のようなもので、店で良いアイテムが出る可能性があるアイテムと交換できる。いわゆる Gamble Shop で使える。Blood Shard は敵が落とすのと、Adventure Mode でクエストをクリアすると貰える。

他にもいくつか追加された要素があるけれど、これ以外には Artisan というショップが増えたのが目新しいかもしれない。Artisan はアイテムの効果を付け替えたり外見を変えられる店。ただ、その為には希少なアイテムがいくつか必要で気軽には試せない。

ちょっと内容が薄い

この拡張パックで確かにゲームが快適になったり、便利になったり、ストーリーが追加されていたりする。でもそれぞれがそこまで大きな追加要素ではない。これが私の購入した時には Diablo III 本体と同じ価格だったというのは少し割高に感じる。

追加されたストーリー ACT V は数時間で終わってしまう。ものすごく短く、ストーリーを楽しみたいという人にはこの拡張パックは向かない。ただ ACT V では Diablo に関係する重要な出来事が起きるため、今後のストーリーの展開としては重要なプロットがこの拡張パックに含まれている。

Adventure Mode は Diablo III のエンドコンテンツを少し増やした形になっていて、レベル上げや装備集めをしたい時に便利。レアな敵がたくさん出てくるダンジョン(Nephalem Rift)にも行けるので、強い装備品集めをしたいならこの拡張パックに価値を見いだせるかもしれない。

ただし今はリアルマネーでのオークションハウスも終わったし、もうレアなアイテムを集める必要は無く、自己満足に近い。Diablo III のエンドコンテンツは良い装備を集めることであって、そこを楽しめるかどうかで Diablo III を長く楽しめるか、またはこの拡張パックを楽しめるか決まる。

レベルキャップの引き上げは今までの装備の陳腐化が起きる

この拡張パックが憎いところは、レベルキャップが70に引き上げられるところにあるこれはつまり、レベル60の時点で集めた強い装備が陳腐化することを意味する。また1から装備アイテムを集め直すことになる。この点からも、強い装備品探しを楽しめる人はこの拡張パックに価値を見いだせるはず。

これを面倒だと感じる人はストーリーを楽しみたい人だろうから、そういう人にとっては数時間で終わる ACT V にどのくらいのお金を払えるかでこの拡張パックの価値が決まる。

追加された内容からすると少々割高

私は少しなら強い装備品探しを楽しめるので、この拡張パックは楽しくはあった。新しいクラスも増えるし。ただそれでも内容の薄さを考えると、ちょっと値段が高いように思う。私の感覚では Diablo III 本体が $20 だとすると、この拡張パックは $10 くらいが良いところ。この拡張パックの発売当初は Standard Edition が $40 で、Digital Deluxe Edition なんて $60。内容からすると高すぎる。

この拡張パックでは確かにモンスターは増え、スキルも増えたり、倉庫も増えたり、Paragon Level がそれぞれのキャラクターで共通になったりして、ゲームの厚みが増しつつ今までよりも快適にはなっている。でも内容から判断するに、「拡張パック」ではなく、それよりも小規模な「DLC」と表現した方が適しているように思う。

念を押して書いておきたいのは、割高感はあるものの、この拡張パックは Diablo III が好きな人は楽しめるはずで、悪くない。つまりこの拡張パックのことを一言で言うと、「楽しいが割高」


ディアブロ III リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション【新価格版】 - PS4

「レビュー」の最新記事

最新記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。