「ステージなな」という同人サークルによって作られたサウンドノベルゲーム「narcissu(ナルキッソス)」が Greenlit され、Steam に登場した。元々無料のゲームで、今でも公式サイトからダウンロードできる。Steam 版は英語版も含まれているようだ。

なぜ無料公開にしたのかというと、それは公式サイトに書かれている。

Q & A

大きなコンセプトの一つに、
『一人でも多くの人に見てもらいたい』がある為、
全編「無料公開」が原則となっております。

このゲームに関しては Wikipedia が詳しい。narcissu は 1st、2nd、3rd と続いているようで、このうち 3rd は有料で、これはまだ Steam には無い。

ナルキッソス (ゲーム) - Wikipedia

概要

ステージななの主宰である片岡ともは、ねこねこソフト所属のシナリオライターでもあり、以前から「ゲームを追求していけば音楽とテキストだけで十分ではないか」と発言することもあった。

この作品は、それを同人ゲームとして実現したものである。そのため、ゲーム中に出てくる絵は主に背景しかなく、ギャルゲーに一般的な立ち絵はまったくない。

また音声については、ありだけでなくなしを選ぶことも可能である。片岡とも自身は、「narcissu」のプロダクトにおいて「無しと比較するために用意した」とのことであり、あくまでも音声ありは音声なしのために作られたものであるとされている。

2005年に「narcissu」、2007年に「narcissu SIDE 2nd」が公開される。そして2009年4月に『narcissu 3rd - Die Dritte welt-』が発売された。

タイトルのnarcissuはスイセンの学名(narcissus) に由来するが、最後の『s』が外されている。これは、自殺(suicide) の『s』を取り除く、という意味がこめられている。

Wikipedia の説明で分からないのは下の部分。

タイトルのnarcissuはスイセンの学名(narcissus) に由来するが、最後の『s』が外されている。これは、自殺(suicide) の『s』を取り除く、という意味がこめられている。

「narcissu」だけではナルキッソスと読めないので綴りが違っているのは気付いてはいたけれど、この説明だけでは理由がよく分からない。「narcissus」から「s」を取り除くなら「narciu」だろう。ゲームをプレイするとこの理由が分かるのかもしれない。

PSP 版ナルキッソスのオープニングムービー。

このゲームは PSP 版でリメイクされているようで、「ナルキッソス~もしも明日があるなら~」がそれ。最終章が追加されていたり、声が付いていたり。説明を読むとせっかくプレイするならそっちがいいなぁと思ってしまう。

ナルキッソス ~もしも明日があるなら~ Portable DXパック(オフィシャルブック&「セツミ先生」の聖地巡礼マップ同梱)

ちなみに narcissu は「かたわ少女」が影響を受けた作品らしい。narcissu の説明を英語版 Wikipedia で読むと、

Narcissu - Wikipedia, the free encyclopedia

The anonymous protagonist is diagnosed with lung carcinoma shortly after his twentieth birthday, and is admitted to hospice care at a hospital in Mito, Ibaraki. There he meets Setsumi, a woman who is few years older than he is, who is also terminally ill. Finding that they both refuse to die in the hospital or at home with their families, they run away together in a silver Honda Integra belonging to the protagonist's father.

They travel west across Japan's many highways and prefectures, initially not knowing where to go, but later collectively decide on taking the narcissus fields of southern Awaji Island as a somewhat arbitrary destination.

とある。「かたわ少女」はこの導入に思いっきり似ている。

Steam でこのゲームが配信されることによってプレイヤーが一気に増えそうだ。

「ゲーム」の最新記事

最新記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。