やっとクリア。すべての Rune と Bone Charm を集めて満足。

当初このゲームのルートの多さとアイテムの散らばり具合に不満があったけれど、それは序盤のステージの1つだけだった。そのステージの後ではルートが少なく、悪く言ってしまうとそのステージだけ作りこんである状態。でも私はこの方が好きだ。扉を開けるパズルの解放は数パターンあるけれど、その先は一本道という構造はこのゲームでは歓迎したい。

ただこの歓迎は消極的な歓迎。本当はプレイに影響するコレクション要素を少なくして、「各ルートに行かないと便利アイテムを集められない」というデザインをやめてほしい。ルート自体はたくさんあっていいと思う。初代 Crysis のような感じが望ましい。コレクション要素は Mafia II のような、拾うと「目の保養になる画像が眺められますよ」程度が好み。超強力武器があのルートに落ちているとなると、それを取ったかどうかによってプレイ体験に差が出てしまう。そんなわけで、マップが広すぎて困るという場面は少なくてよかった。

ストーリーに関してはこのようなジャンルにしては良い方だと思う。「あいつを助けに行くぞ」と言ってその場に行けばしっかりと助けられるし、肩すかしはない。ストーリーの展開が早いのも、興味が薄れていかなくて良かった。ただ最後は展開が急すぎるような気もする。ストーリーというか設定で不思議なのは、主人公の "Corvo" を絶対に "father" と説明しないところにある。これは何らかの意図があると思う。私が思いつく理由は「Empress とそのガードが恋愛なんて」という世間体を意識したことくらい。

守りのプレイから攻めのプレイへ

私はステージ中の敵を片っ端から首を絞めて昏睡させていたので、プレイがワンパターンになりがちだった。そこで、このゲームの特色をもっと楽しもうと考え、守りのプレイから攻めのプレイへと変えた。具体的には、"Blink" というスキルを多用することにした。Blink はものすごい速度で駆け抜けるというスキル。ほとんど瞬間移動と言って良い。

私は敵の行動パターンを読んでから確実に敵の背後を取れる時にしか動かなかったので、このプレイスタイルを変えようと考えた。このプレイスタイルはどのスニーク系のゲームでもできてしまう。そこで、上のようにこのゲーム特有の Blink を活用。1枚目の画像から説明していくと、私が通路の死角から、扉を背にして立っている敵を覗いている状態。その状態で Blink を発動しようと企み、敵の背後の位置へ瞬間移動しようと考えている。青い光が移動先のポイント。Blink はマウスの右クリックを押し込むとどこに移動するかを目視で決められて、ボタンを放すと移動するというスキル。

2枚目でこの企みが成功し、敵の背後を取ってすぐさま首を締め上げているシーン。こんな感じで敵が後ろを振り向かないなと感じたらあまり考えずにすぐに突っ込むようにした。敵の行動パターンを読まなくて良いのでゲームの進行が速まるし、一瞬のタイミングを活用する楽しさが生まれた。

頭から対称の白い雷マークが出ているのが敵。怪しむレベルは3段階あり、1つめの雷が白くなっている。

この方法は上のような状況でも便利。敵に怪しまれている状況でも、Blink で敵の背後に移動すれば良い。ピンチをチャンスに変えられる戦法。怪しんでいる敵は一方向しか見なくなるので背後を取りやすい。

武器が使えないのが不満

ワープして敵を締め上げることに楽しさを感じられたのは良かったけれど、このゲームはグッドエンディングを見たいならあまり多くの敵を殺してはいけないので、せっかくあるボウガンや銃、ナイフ、トラップなどの殺傷武器を使えない。手に武器を持っているのにそれらを全く使えないのは不満だった。一応ボウガンに敵を眠らせられるものはあるけれど、これは使えるときが限られるし、あまり多くの弾薬を持てない。

スニークゲームなので確かに銃を撃つのは邪道だという考えも分からなくはない。でもプレイは終始敵の首を絞めるだけなのでちょっと飽きてくる。終盤はいつも「あーグサッとやれれば死体も消えて楽なのに」と考えていた。

さらに、首絞めで進んでいると戦闘が無く体力が減らないので、ゲーム中にたくさん転がっている食べ物が全然必要ない。なのでもう少し戦闘を進んで行えるようなデザインにしてくれていたら食べ物関連も無駄にならず良かったと思う。マナに関しても連続でスキルを使用しなければ回復するシステムなので、回復アイテムを無くして時間で完全回復するようにしてしまっても良かったと思う。そうすると連続でスキルを使えなくなるので、そちらの制限の方がゲーム性が増して面白そうだ。

バグがちらほら

他の不満点はバグがあること。上で書いた、Blink して敵の背後を取ってすぐさま首締めは、バグによって首締めが発動できないことが良くあった。短い時間での勝負なのでこのバグには困った。

他にも、セーブがうまく出来ないバグにも遭遇した。ロード画面ではセーブをした時間も少しおかしいし、セーブ関連にちょっと不安がある。セーブがうまく出来なくなってしまった時はゲームの再起動で直った。このバグに早めに気付いたのでやり直しが短時間で済んで助かった。

Mark of the Ninja と比べて

Mark of the Ninja。

位置の取り方、敵の視界の考慮、迅速さ、タイミングなどはやはり Mark of the Ninja の方が一枚上手。「ゲームをしている感じ」は Mark of the Ninja の方が大きい。

Dishonored は自分の位置の取り方は他のゲームよりも幅広いものの、敵が多いので自由さが無い。ただ努力は認めたい。あらゆる場面でルートが数個あるし、平面的なステージ構造では無く、立体的に立ち位置を考えて敵を狙える。ズームも便利で、ズームをここまで多用したゲームは Dishonored が初めて。Crysis などでは双眼鏡を取り出すのが面倒でほとんど使わなかった。Dishonored でのズームは、見ている場所の音も大きく拾ってくれるので有り難かった。

Dishonored の Blink というスキルは瞬間移動という面白さがあるけれど、殺す時の爽快さや殺し方の多様性は Mark of the Ninja の方がある。部屋の天井に掴まって下に来た敵をグサッとか、地面にある排水溝から敵を覗いて、その上に来たら排水溝から剣を突き刺してグサッとかいう便利で気持ち良いアクションを Dishonored でもいつもしたかった。Dishonored では殺しが出来なかったので特にその気持ちが強まったと思う。主人公は Assassin と呼ばれながら、実際は首を絞めているだけというのは滑稽だ。

まとめ

ストーリー、UI の綺麗さ、ゲームオプションの豊富さ、映像が綺麗で軽いことなどなどで、総合的に考えれば良作なゲームだろう。 Metascore は私が見た時は Mark of the Ninja と同じ点数で 91 だった。その 91 点が感じられるゲームだったけれど、もう少し敵を撃ちたかったので私ならその点数よりは少し低めに付ける。でもこの 91 点は誰がプレイしてもかなりの確率で楽しめるゲームということだろう。私もなかなか楽しめた。

欲を言えばもう少しだけ Emily を可愛くして欲しかった。子供なのに大人の顔をしている。

「レビュー」の最新記事

最新記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。