Dragon's Dogma Online(ドラゴンズドグマ オンライン [DDON])が100万ダウンロード達成したといくつかのニュースサイトに掲載されました。

「ドラゴンズドグマ オンライン」、クライアントDL数が100万を突破 - GAME Watch

カプコンは、8月31日より正式サービスを開始したプレイステーション 4/3/Windows向けオープンワールドアクション「ドラゴンズドグマ オンライン」について、ゲームクライアントの累計ダウンロード数が100万を突破したと発表した。

これはサービス開始10日目となる9月9日時点での数字で、誕生した覚者の数(累計ユーザー数)は37万人になっているという。

これには驚いてしまいました。ゲームが100万回ダウンロードされていても、実際にゲームをプレイし「覚者」―つまりプレイキャラクターが作られた数は37万。1アカウントあたり3体のキャラクターを作ることができるようで、ユニークユーザー数は覚者の数より少ないでしょう。だいたい30万人、ダウンロード数に対して3割ぐらいと見積もっておきます。

ということは、ゲームをダウンロードしたのにプレイしていない人が7割近くいるということです。ちょっと不思議です。基本無料のゲームなのに。「100万ダウンロード達成」と良いニュースのように伝えていますが、悪いニュースかもしれません。

と、かくいう私も実はダウンロードしたのにプレイしていない数に含まれています。ちょっとプレイしてみようかと思い、アカウント登録してサービス開始日にゲームのランチャー(PC版)を起動させました。

しかしそのランチャーがくせ者。起動しているだけで何故か CPU の1コアがフル回転。カプコンはサービス開始前にユーザーにゲームを事前ダウンロードさせる考えがなかったようで、一般のユーザーは一斉にサービス開始日にランチャーを使ってダウンロードを開始しました。ゲームのダウンロード終了まで10時間などと表示されます。長い。

その間ずっと CPU をフル回転させておくのか…? 何に CPU を使っているんだろう…? 私はそっとランチャーを閉じました。ダウンロードは数パーセントしか進みませんでした。

正確には私は、ダウンロードボタンを押したけれどダウンロードを止め、ゲームをプレイしていないユーザー、ですね。ランチャーが使う CPU が意味不明です。それさえなかったら時間が掛かってもダウンロードしてプレイしていたことでしょう。

ただし、ダウンロードしたユーザーの3割ほどがプレイしたという割合は高いのか低いのか分かりません。意外と良い数値だったりするのかもしれません。「無料で配ったティッシュの3割が使われている」ならまぁまぁですかね?

「ゲーム」の最近記事

最近の記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。

応援して下さる方は OFUSE からお願いします。

OFUSEで応援する