「Cities: Skylines」という、ついこの前発売されたばかりのゲームが好調に売れているようです。このゲームのパブリッシャー Paradox のゲームの中で一番よく売れているらしく、発売後24時間で25万本売れたとのこと。Steam の売り上げランキングでも現在1位です。

ゲームは SimCity に似た感じです。…見た目はかなり。心配になるほどです。

プレイ動画

Steam でゲームへのコメントを読むと、「SimCity」と比較して、No Origin、No Always Online が良いと書かれていますが、さすがにちょっと馬鹿らしいです。

プレイ動画を見ると、SimCity のインターフェースが優れていたということを再認識できます。カラフルで分かり易く、取っつきやすいです。「Cities: Skylines」はそれを真似ただけです。

取っつきやすさは重要です。こういうシミュレーションゲームは覚えることが多くてゲームを楽しむまでに時間がかかります。私はトロピコシリーズをプレイしてみたいのですが、トロピコ4のチュートリアル中に眠ってしまってからプレイを諦めています。

後発の利点

私の想像ですが、「Cities: Skylines」は「SimCity」の良いところを取り、それをもっと拡張してあるのではないでしょうか。「SimCity」はどうしてもカジュアルなゲームという感じがしていました。

カジュアルなゲームとしてプレイするなら SimCity は優れたゲームでしょう。しかし、SimCity 好きの人が求めていたのはもっと自由な街作りでした。それにバグや DRM の問題が多く、期待していたものよりも出来が悪かったのです。それで酷評を受けましたが、カジュアルゲームとして考えるならそこまで悪くないはずです。

「Cities: Skylines」を開発した Colossal Order は Cities in Motion シリーズを作っていました。Cities in Motion シリーズはインターフェースが複雑そうに見え、グラフィックスもあまりパッとしなかったのですが、今回は SimCity に倣うことで見栄えが良くなっています。

もし「Cities: Skylines」が「SimCity」を改良・拡張させてあるものなら、この売れ行きとこの高評価に頷けます。興味が湧いたのでセールの時にでも買ってみようと思います。今はゲームへの高評価のコメントが多い中、バグやゲームシステムの不満のコメントも多く、安定するまでちょっと様子を見たいところです。

「SimCity」よりも奥深く、広い街を作れるようになっていれば嬉しいです。

「ゲーム」の最新記事

最新記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。