これまで Steam では「Go! Go! Nippon! -My First Trip to Japan-」「Sakura Spirit」などのビジュアルノベルが発売され、そういうゲームが好きな人は今後に期待を持っていたことだろう。そして今日、「If My Heart Had Wings」というビジュアルノベルが Steam で発売された

ストーリーはこんな感じ。

This game is an animated visual novel based on a youthful, dream filled high school life story.

The story of the game is set in Kazegaura, a suburb in Japan, just outside of Tokyo.

The main characters in this story are students at the “Keifu Academy”, a technical school, also known as a “specialized vocational high school”.

The protagonist of the game, Aoi Minase, is a young boy who lost his dream in a bicycle racing accident and subsequently returns to his hometown. There, he meets Kotori Habane, a young girl stuck with a wheelchair with a flat tire, on a hill with windmills.

They then spot large, white wings traversing the sky over the hills- a glider. Both had yet to realize that everything would begin from this.

Working together with Aoi’s childhood friend Ageha Himegi, they begin rebuilding the Soaring Club, which was just about to be disbanded.

In order to realise the dream everyone has as a child- “I want to soar up to the great sky and fly”, these beginners take hold of their passion, overcoming failures and obstacles from the school to put their all into building a glider.

They strive to fly through the “morning glory”, a special weather phenomenon that enables a special type of roll-shaped cloud that appears in the morning when the conditions are just right.

This game portrays the player as Aoi, the protagonist, and brings the player through the feat of building the glider that will realise their dreams, while bonding with the female characters.

軽く訳しておこう。

競輪で事故を起こし故郷 "Kazegaura" に帰ってきた少年 "Aoi Minase" が、車いすに乗った少女 "Kotori Habane" に出会う。二人は丘の上の空を翔る白い羽を見つる。グライダーだ。ここからすべてが始まる。"Aoi" の子供の時の友達 "Ageha Himegi" と協力し 、彼らは "Soaring Club"(空を飛ぶクラブ) を始める。

誰しも子供の頃に持っている「雄大な空を飛んでみたい」という夢を実現するため、彼らは情熱を持ち、失敗や障害を乗り越え、グライダーを作ることにすべてを注ぐ。"モーニング・グローリー" を翔抜けるため。

これまでのビジュアルノベルとは違い、かなり日本のビジュアルノベルに近い。たぶんさわやかな青春系のストーリーだろう。ヒロインとの恋愛のことにはあまり触れられていないので、そのあたりはどうなっているか分からない。

ちなみに、「モーニング・グローリー」とはどんなものかと調べてみたら、こんな感じの雲のことらしい。

モーニング・グローリー (気象現象) - Wikipedia

モーニング・グローリー(Morning Glory Cloud)とは朝方を中心に現れる、巨大なロール状の雲の帯のことである。

オーストラリア北部のカーペンタリア湾付近でよく観測され、他にはアメリカ中部、イギリス海峡、ドイツのベルリン周辺、ロシア東部、オーストラリアの海岸部などで観測される。またメキシコのコルテス海、大西洋のセーブル島、オーストラリアのキンバリー地域、アラビア海などでも類似の現象が稀に観測される。

佐渡市相川沖の西約120キロの日本海上で観測された事例[1]もある。...

スコールと呼ばれる強い風が吹き低い高度に激しいウインドシアができるため、この雲の通過時には地上でも短時間で大きく気圧が変動する。雲の帯の進行方向前面では強い上昇気流、後面では下降気流があって鉛直方向に激しく回転している。この気流を波と考えると、山が1つしかない孤立波と言える。

ゲーム中でこれをどのように表現するかはちょっと興味がある。ほとんどの固有名詞が空や風に関する言葉から付けられているようで徹底されている。車いすといえば「かたわ少女」を思い出す。海外の人は「障害を乗り越えて」が好きなのかもしれない。

プレイ動画を見ると日本人がかなり関わっているような印象を受ける。テキストは英語、音声は日本語で、日本人にとってもプレイしやすそう。

この人による Walkthrough のプレイリストはこちら

このゲームを海外の人が作れる?

ここまで来て、疑問を持った。日本のゲームにかなり似ていて、絵も日本的、音声も台詞も日本的。海外の人が空や風に関する単語をこれだけ調べられるだろうか。これを海外の人に作れるだろうか。

そこで、ちょっとタイトルを訳して検索してみた。「ビジュアルノベル もし 羽があったら」。その結果、ビンゴ。このゲームは日本のビジュアルノベル「この大空に、翼をひろげて」を英語化したものだった。PULLTOP 制作。疑問が解けた。日本のメーカーが作っているならこの品質に納得できる。

日本のゲームを英語化したものだという事実をどうして隠しているのだろう? 公式サイトで「日本のあのゲームを英語化したものです」と書けば良いのに。不思議だ。

それはそうと今回のゲームは、日本のエロゲーを英語化したものが Steam で発売された、ということになる。未成年は見られないシーンもそのまま入っているかは分からないけれど。これが売れると続々と日本のエロゲーが英語化されそう。日本のエロゲーが徐々に Steam を浸食していくのかもしれない。

ところで、元のゲームが見つかった今、上で私が訳した英語のストーリーのあらすじは「この大空に、翼をひろげて」の公式サイトに原文があるわけだ。比べてみると私の訳はそんなに悪くなかった。

プレイしてみる?

なお、このゲームをプレイするには最低で、Pentium 4 3.0GHz 以上、Shader Model 2.0 以上が必要で、こういったゲームとしてはなかなかシステムの要求が高い。画像は高解像度にしてあるようで、ゲームは 1280 x 720 でプレイする。3D モデルの表示もあるようだ。プレイ動画では風力発電のプロペラが 3D だった。

日本人がこのゲームを買うのは英語の勉強もかねてという場合だろうか。あとはこんなゲームを買ったんだぜと周りに自慢するときくらいか。それ以外は日本で販売されているオリジナルを買った方が良いだろう。完全に日本語でプレイできるし、アダルトゲームなのでもちろんそういうシーンが見られるし、追加シナリオもあるし。

「If My Heart Had Wings」は公式サイトにデモがあるので試してみたい人はどうぞ。ちなみにこのゲームは iTunesGoogle PlayAmazon Appstore でも公開されている。無料で。ストーリーに違いがあるかなどはよく分からない。


この大空に、翼をひろげて COMPLETE BOX
[PC]


この大空に、翼をひろげて CRUISE SIGN (通常版)
[PS Vita/PS3]

「ゲーム」の最新記事

最新記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。