ESA(The Entertainment Software Association) がアメリカにおける2013年のゲーム事情のレポートを公開した。こちらで見られる(PDF)。ゲーマーの内訳、どのようにプレイしているのか、親とゲーム、市場などについてグラフで説明されている。

例えば上の画像で分かるように、ゲーマーの平均年齢が31歳で、ゲーマー数は年齢間の差はあまりなく、性別間の違いもほぼ無い。念を押しておくとこれはアメリカでのレポートなので日本ではもちろん違うと思われる。それにやけに女性が多いなと感じた人もいると思うけれど、これにはスマートフォンのゲーマーも含まれていて、それが女性ゲーマー数を増やしていると思われる。

こちらは2013年に売れたビデオゲームとコンピューターゲームの TOP20。情報源が NPD なので売れた数は公開されない。

ビデオゲームの TOP20 は思い浮かぶゲーム名を言えばだいたいそれが入っている。「Skylanders: Swap Force」以外は名前を目にしたことがある。コンピューターゲームの TOP20 はどんな感じかと見てみると、私にはかなり意外だった。

1位の「StarCraft II」はニュースを全然目にしないし、「SimCity」が2位なんて。3位から6位は「The Sims 3」とその関連。何だろう、ニュースではあまり話題にならないゲームが売れている印象がある。「The Sims 3」が20のうち7つの位を占めている。こんなに売れているゲームなのだろうか。

こちらはゲーム市場。これを見るとコンピューターゲームがどんどん縮小しているグラフになっているけれど、グラフの下の細かい字をよく読んで欲しい。リテイル版がメインのグラフなので、上のグラフでは、たぶんデジタルダウンロードは青い「Other Delivery Formats」に含まれているのだと思う。ちょっと分かりにくい。下もリテイル版のグラフ。ゲームショップで物理メディアを買わずに、デジタルダウンロードで購入することが増えているのを示すグラフだと思われる。

どちらにせよ PC ゲーマーは少ない。今後はゲームデバイスとしてはスマートフォンやタブレットや携帯ゲーム機が増えていく傾向にあり、コンピューターをゲームに使うという人はもっと減るのかもしれない。

他にもいろいろなデータがあるので興味があればどうぞ

「ゲーム」の最近記事

最近の記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。