Gamasutra: Yann Seznec's Blog - Gentlemen! Or, how our most successful game is also our least profitable.

So! Great reviews? Check. How does this translate into sales? So far we have sold 1,114 copies on iPad, and 144 copies on Android. Whether this is a ‘good’ result is up for debate. Certainly, many many games are released every day that don’t sell anything close to these numbers.

...

If you’re interested, after three weeks those numbers are now 144 copies sold, 50,030 copies pirated. So, as you can tell the piracy rate has not really slowed down at all - if anything it has gotten even stronger!

Lucky Frame が発売した "Gentlemen!" という Android 版ゲームのプレイデータのほとんどが海賊版のものだったとのこと。144 本売れて、50030 本が海賊版。どうしてこれが分かったかというと、ゲームに埋め込んだ情報収集パッケージの統計データがあったため。

ゲームにデータ収集のパッケージを入れているのかという驚きと、Android ではゲームの海賊版が簡単に手に入るらしいという驚きがあった。確かに apk だか何かを持ってきてインストールすればたぶんプレイ出来るのだろう。データ収集については当然のように語られているので、私の知識不足なのかも知れない。

データ収集といってもどの程度のデータが収集されているか分からないけれど、ちょっと不安さを拭えない。それにこのゲーム会社がそのデータを直接収集しているわけでは無く、収集は外部に委託している。後でデータをその会社から貰うというように利用しているようだ。データの取り扱いに不安が残る。

この記事の問題は本当はそこでは無く、海賊版が多いね、ということ。ただし、Lucky Frame は海賊版を非難してはいない。「我々は海賊版だとしても沢山プレイされるほど良いゲームを作ったのだ」と満足している。これ、正しいのだろうか。

「海賊版でプレイされた ⇒ 良いゲームだ」と結論を出すのは早計。そういった部分もあるだろうけど、インターネットに繋げていればゲームを起動するだけでデータが収集される訳なので、他のデータと結びつけないと「海賊版でプレイされた」というデータはその言葉以上の意味は見いだせない。例えば、「海賊版でプレイされた」かつ「長時間プレイされた」かつ「何度も起動された」、ならば「良いゲームだ」を導いても良いと思う。

この会社は Prototype Fund のサポートを受けて運営されているので、どうも楽観的な部分がある。3人の開発者がいて、$5 のゲームが 2000 本しか売れなかったら $10,000 である。開発期間は5ヶ月。かなり厳しいように思える。(2000 本という数字は彼らの目標値。この記事からは 1114 + 144 本売れ、大体 1250 本は売れたと分かる。$1250 * 5 = $6250)

その為、彼らが言う「海賊版は悪くない」という言葉がどうも薄っぺらに聞こえる。海賊版を擁護する考えは分かるのだけど、Valve の Gabe Newel が言うのと、彼らが言うのとでは信憑性が違う。彼らが海賊版を擁護する背景に Chris Anderson の考え方があるのか分からないけれど、楽観的すぎる感がある。

ちなみに、海賊版を多く使用した国はロシアと中国らしい。この2カ国が海賊版の 95% を占める。このことから、私は Plants vs. Zombies の戦法を採るのが良いように思える。ただ、こうやって収益を上げる方法を考えるのは、如何にお金を巻き上げるかと同義に感じられ、良心の呵責がある。GDP が違う国からも同じように一律でお金を取る現在の方法は難しい面がある。

Lucky Frame に何か意見がある人は、Gamasutra の記事のコメントに書けば本人が答えてくれるので是非どうぞ。

「ゲーム」の最近記事

最近の記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。