ゲームをプレイすることで健康に良い影響10個: 反応速度はジェット戦闘機のパイロット並みに

2012/11/15

「ゲームなんてプレイしても何にも良い事がないから他の事をした方が良い」という意見もあるけれど、ちょっと反論してゲームを正当化してみよう。

4 の「76% のカップルは一緒にゲームをしたことが結婚に良い影響があったと話した」という情報はなかなか使えるのではないだろうか。ゲーム中はプレイ画面を見ているから「ただしイケメンに限る」ことは無いかもしれない。私が驚いたのは、3 の「ゲーム中は火傷の痛みが半減する」「暴力的なゲームをプレイしたことがある人は痛みへの耐性が ~65% 高い」という事。たぶん痛みをゲームで疑似体験できるのではないだろうか。戦争をしたがるのは戦争をしたことがない人、という話と近いものがある。

以前から話があった、「Counter-Strike をプレイしている人は普通の人より色への識別力が良い」に似た話はこの10個の中に入っている。でも私は Counter-Strike とか Call of Duty とかは画面が見難くてあまり好きではなかったりする。最初から見易くしてくれ、と思う。だから見易いゲームの方が好き。私と反対に Counter-Strike とか Call of Duty を好きでプレイしている人は色認識能力について眼が良いんだろう。

反応速度がジェット戦闘機のパイロット並みは結構うれしい情報。いや、でもクリックがいくら速くても、現実には YouTube で全く面白くないのに不可思議な再生数を持つ動画の再生数に貢献することくらいしかできないのかもしれない。指だけではなく体全体を使うようなゲームをした方が良いのかも。でもそういうゲームって恥ずかしくて出来なかったりする。

「ゲーム」の最新記事

その他の最新記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。