Humble Bundle で開催中の The Humble Introversion Bundle の販売数が 180,000 を超え、Introversion の Developer が喜んでいる。

Introversion Software . About Us

... And the best part of all - the part that makes me most happy, is that this promotion has doubled the number of people who have played our games. 180,000 is more copies than our best selling game Darwinia ever sold, and the Humble Bundle includes all four of our games, so that means twice as many people have now played each of our games than before the bundle. That’s pretty cool. ...

180,000 という数字は今までで一番売れた Darwania のものよりも大きいらしい。Bundle の販売前と比べると2倍のプレイヤーが Introversion のゲームをプレイしたことになるようだ。このコメントの「プレイした」というのは正確な言い方では無いのだけど、とにかくたくさんのゲームが売れて嬉しいらしい。

また、利益についても軽く教えてくれている。

... And let’s not mess around, the revenue is pretty good too. When it’s all divided up we’ll see about one quarter of the total revenue you see on the Humble site - and I’m sure Humble won’t mind us revealing that, because it’s obvious if you’ve look at the default sliders. That’s one quarter of a pretty big number, and that revenue will keep us going for a long while. And we’ve done it while raising over $200k for some very worthy charities. ...

大体寄付額の 1/4 ほどを貰えるとのこと。Humble Bundle は寄付者が指定した寄付金の分け方を尊重してくれているらしい。Humble Bundle が残り1日となった現在は「$742,912.64」が総寄付額。この 1/4 はおおよそ $180,000~190,000、1400~1500万円ほど。喜んでくれたようで何より。私も寄付した甲斐があった。ブログでは他にも、2011年の3月から Introversion Bundle の計画をしてきたことや、色々と準備が大変だった事も書かれている。

なお、今回の Humble Bundle で Star Trek に出ていた俳優の Wil Wheaton から Twitter でコメントを貰えて嬉しかった様子。

... And Wil Wheaton donating and tweating about us? It may seem like an odd highlight given the massive success of this bundle, but Star Trek : The Next Generation was a massive show for me and Mark when we were teenagers. I used to watch it literally every evening, thanks to endless nightly repeats on Sky Tv. Having a character from that show - Wesley Crusher - directly messaging us is like being contacted from another world, one that has never previously been accessible. I guess that’s the power of twitter, it doesn’t obey the usual actor/viewer divide. Mark says he actually met Wil Wheaton once at a Star Trek convention, but he was too star struck to open his mouth. So you’ll understand why when Will says “thank you for making such wonderful games. Uplink has consumed my life!” on Twitter, it’s quite a big deal. ...

Star Trek の Wesley Crusher。Wil Wheaton は Dungeons & Dragons などもプレイするゲーマーなので、Humble Bundle の事もどこかから知ったのだろう。彼は Uplink を気に入ったらしい。「TV で見ていたあの有名人から直接お言葉を貰えた」というのはやはり感動もの。その表現として「アナザーワールドからコンタクトされたかのようだ」とたとえるのは面白い。

左: Wesley Crusher (Star Trek)
右: Comic Con 2010 にて (By YGX)

Introversion の次のゲームは下のものらしい。

箱庭的なゲームになるのかな? 楽しそうなので開発を頑張って欲しい。

「ゲーム」の最近記事

最近の記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。