Epic Games も自社のストアでゲームを販売するようです。

Announcing the Epic Games Store

For the past five years, we've been building tools enabling Epic to bring our games directly to players. We built the Epic Games launcher on PC and Mac featuring Fortnite and Unreal Engine; we built a worldwide digital commerce ecosystem supporting dozens of payment methods; and we gained great economies of scale thanks to Fortnite's growth.

最近では Bethesda も自社のストアを作りゲームを販売しています。そこで販売されている Fallout 76 がどれだけ成功するかが重要です。

Epic Games もそちらの方向へ舵を切っていく様子です。自社のストアで独占的にゲームを販売するのかは書かれていませんが、Steam/Valve との付き合い方も少し変化することでしょう。

ところで、その Epic Games Store で販売するためのゲームとして Epic Games は最近何かゲームを発売したっけと考えてみると思い浮かびません。Epic Games のゲームとしては Gears of War とか Unreal Tournament のシリーズが有名ですが、そのシリーズももう古い。…でも Epic Games には大きな成功を収めている Fortnite がありましたね。Fortnite さえあれば何とかなりそうです。

Fortnite はAndroid版は Google Play Store でゲームが配信されていません。やはり Google に何割か売り上げを持って行かれてしまうのを嫌っているようです。Epic Games と Google はゲームの修正パッチで一悶着あったりしていました。

Epic Games Store では Epic Games の Unreal Engine や Unity で作られている他社のゲームも、それ以外も販売される予定です。さすがに Fortnite だけでは寂しいですから。Windows 以外にも Mac や Android のゲームもこちらで販売するようです。

Epic Games Store での収益分配率は下の通り。

分かりやすいグラフです。Steam よりもかなり良い割合で、デベロッパーやパブリッシャーとしては良い候補になるでしょう。

ゲームストアが増えて競争が激しくなるか

奇しくもつい先日 Steam が収益分配率を改善するという発表をしました。たくさん売れたゲームが有利になる仕組みで、インディーゲームのデベロッパーはこれに対してどう感じているのでしょうか。やる気が出るのか出ないのか…。

これをみると Steam も最近の流れを感じ取っているようで、PCでは Steam が一番人気のディストリビューターであり続けるために手を打ったのでしょう。最近では Discord もゲームストアを作りましたし、EA は以前から Origin で、Ubisoft も Uplay でゲームを販売しています。Blizzard の Battle.net もあります。Call of Duty: Black Ops 4 が Battle.net で配信されたのは驚きました。ゲームのストア・ディストリビューターが増えています。(GOG.com は棲み分けができているのでこのままでしょう。)

Steam が便利なのは Steam にゲームを貯め込んで一元管理できる事なのですが、こうやってそれぞれが自社のストアを作るとゲームを買う側としては管理が結構面倒です。

ただ Steam 以外にもストアがあるということは選択肢が増えることであり、競争が生まれます。消費者にとって利益になることもあるでしょう。Steam と自社のストアで販売するゲームとでは価格に差が出るでしょうから、Steam がゲームの価格を下げたり、他のサービス面をより良く改善してくるかもしれません。Steam に勝つために他のストアでは何か良いオプションを付けてくれるかもしれません。

おそらく Steam のシェアはなかなか落ちていかないとは思いますが、他社の頑張り次第で流れが変わるかもしれません。最近では Steam で販売されていないゲームが人気で目立っています。最近の対人戦のゲームではプレイ人口は League of Legends、Fortnite、Hearthstone、PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS が多いです。Valve の Dota 2 と Counter Strike: Global Offensive も人気ですが、最近あまり話題に上りません。

プレイ人口はどこもしっかり教えてくれないので比較はできませんが、Twitch やゲームのプレイ動画ストリーミングサイトを見ると Valve のゲームは一番人気ではないです。ちょっと後れを取っています。数年前とは状況がかなり変わっています。「ゲームをするために Steam を起動する」ということをしない人も増えていることでしょう。

Valve がゲームのデベロッパーとしても有名だった時代は過ぎてしまったのでしょう。私は Valve のゲームはバグが多いなぁという印象で、修正してもまた新たなバグが発生してしまうという繰り返しに見えます。チーターにもうまく対応できていません。ゲームバランスの調節も下手に見えます。Valve はカードゲームに目を付けて「Artifact」を作り、先日発売されましたが、このゲームは今後どうなるでしょうか。

League of Legends はその見た目から一般人にも取っつきやすさがありますが、カードゲームはちょっと厳しそうです。でも実は League of Legends もかなり知識ゲーです。どれだけゲームシステムを知っているかで勝負が付く部分が多いです。カードゲームは完全に知識と思考のゲームですが、League of Legends のようにアクション面でのプレイヤースキルが要求されないのは楽だと考える人もいるかもしれません。ただ、カードを手に入れるためにお金をたくさん払わないといけないシステムになってしまうと残念です。

私としてはマルチプレイでない一人で遊ぶゲームが好きなのですが、最近はそういったゲームは数が減り、人気がないような気がしています。時代の流れですかね。みんなでプレイできるゲームの方が盛り上がるし、ゲームも売れるし…。

ゲームストア事情は今後どうなっていくか楽しみです。Steam一強ではなくなったりするのかもしれません。

「ゲーム」の最近記事

最近の記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。