2月の終わり頃に少し話題になった、GATT(Gaming All The Time) というサイトによる Indie Face Kick という名前の Game Bundle がある。この Bundle はまだ販売していなくて、そろそろ販売が開始されるだろうという段階。そんな Indie Face Kick に少し不安な要素がある。

Steam Key の販売サイトへのリンク

画像は The Backlog Journey: The Dangers of Being Kicked in the Face より。

こちらのサイト(The Backlog Journey: The Dangers of Being Kicked in the Face) にて詳しい説明と画像が載っているのだけど、どうやら GATT の本家のサイトに「Need Cheap Steam Keys?」というリンクが掲載されていたらしい。このリンクを押すと GamerKeysNet というサイトに飛んだようだ。この GamerKeysNet はロシアの Steam キーを仕入れて販売しているらしく、ロシア圏以外に住む人のためにそのキーのアクティベート方法まで説明している。

記事に反応を示す運営者達

そんな情報を公開したら GamerKeysNet から、Indie Face Kick の危険性を示唆するサイトにコメントがついた。

よくこのサイトを見つけてコメントしたなと感心してしまった。コメントは自分のサイトの正当性を示すもの。ちょっと「in your territory」に引っかかったり。

そして GATT がこのサイトへの反応を示した[The Backlog Journey: The Truth Will Speak For Itself | Gaming All The Time]。「The truth will speak for itself」。この言葉は "Mary Landrieu" という人の格言らしい。日本語のサイトではこの言葉の訳が見つからなかったのだけど、「真実は自らを物語る」とでも訳すのだろうか。

そんなことより、この反応には「advertiser removed due to complaints.」と書いてある。「あれは広告だった」ということを示唆している。その言葉の後に少々の嫌み(Thanks for voicing opinions on the matter for those who did)。

おわり

その反応を見て記事を更新したこの Indie Face Kick の危険性を示したサイトには「何人かの弁護士から名誉毀損で脅されている」と書いてある。その影響で記事を部分的に削除したようだ。私もあまり悪く書かないでおこう。

…でもわざわざ Steam Key を販売するサイトの広告を載せるとは。裏の繋がりは少し感じる。販売予定の Indie Face Kick のキーは正当なものなのだろうか。譬えキーが正当だとしても、少し泥が付いた感はある。なお、この Indie Face Kick については GOG.com の Forum で話されている

そろそろ Indie Face Kick の Pre-Order が始まるらしいのだけど、買うかどうかは自分で判断して欲しい。

「ゲーム」の最近記事

最近の記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。