Humble Bundle が「Software Bundle: AI-Powered Photo Editor with Luminar 4」の販売を始めました。

「Luminar 4」は写真(画像)を補正するソフトです。AI(真のAIではないのですがまぁ…)による画像補正機能も付き、さらに画像の背景なども置き換えられるようです。曇天の写真を快晴の写真に変えたりできるということです。公式サイトはこちら

「AURORA HDR」はHDR処理をするソフト。HDR処理は写真の中で暗い部分と明るすぎる部分を補正して見やすくするような処理です。公式サイトはこちら

普通に買うと「Luminar 4」単体で1万円ちょっと。「Aurora HDR」付きのMAXエディションは18000円ほど。この Bundle だと背景などの置き換え用の画像やプリセットも含めて、2万円以上の価格が $25 です。安い。

「Luminar 4」は日本のAmazonでも販売されていてレビューが結構ありますので参考にどうぞ。

参考になるレビューは少ないのですが(怪しいレビュー・PCに不慣れな人のレビューが結構あります)、私がレビューをまとめてみます。

まずは注意点。

  • 処理が思ったよりも重い
  • ソフトがやや不安定
  • OpenGL3.3 以上でないと動かない(グラフィックボードがなく少し前の世代のCPUにGPU処理を任せている場合や、グラフィックボードがあっても古すぎる場合に問題となるようです)
  • サポートは期待できない
  • ソフト名で検索すると出るサイトはこのソフトを持ち上げるものばかり

良い点としては

  • Lightroom よりも多機能
  • Photoshop のプラグインとしても使える
  • 空を簡単に置き換えられる
  • 太陽光線を追加する機能が面白い(写真に太陽の光のラインを加えられます。例えば木漏れ日のような効果などで使えそうです)
  • 買い切りタイプなので、サブスクリプションタイプの Lightroom よりも安い

ネット上にあるレビューが持ち上げるものばかりであるという点はちょっと気にしなくてはならないかもしれません。たぶん悪いことが言えない状況なのでしょう。

簡易的な写真の補正ソフトは Adobe の Lightroom が有名で、このソフトの販売会社 Skylum はそれに対抗するためにソフトを提供してレビューをして貰う、提携を行うということをしているのだと思います。

レビューを書く人の倫理観が問われますね。私なら同じ事をしていた G2A の提案を蹴ったように、嘘を付くのは気が進まないので悪いところは書いてしまいますが。

私は一つ前のバージョン「Luminar 3」を持っていて少し試したのですが、画像の処理(彩度の上げ方の自然さなど)は Lightroom の方がうまいと感じました。ただ「4」になって変わっているかもしれません。

私は空を置き換えるような使い方はしないので簡単に画像の補正処理ができるのをメリットとして考えると、Lightroom はPC内にある写真でさえ独自のデータベース(カタログ)の中で管理していて起動や新規の写真のチェックがとても重いのが大きなマイナスポイントです。写真をカタログに登録してからでないと弄れないのでこれが手間です。

Luminar はカタログへの事前登録が不要で、写真の管理がPC内に実際にあるフォルダで管理できます。

バッチ処理(一括処理)は両方とも行えますが、Luminar は機能が少なく使い勝手が良くありません。ウォーターマークはレイヤーで管理できる Luminar の方が多機能ですが、バッチ処理ではウォーターマークが追加できないようで不便です。一括で同じ位置にウォーターマークを追加するのは Lightroom の方が得意です。

公式サイトにデモ版(トライアル版)があり、ソフトの機能や OpenGL3.3 以上でないと動かないところが気になる人はまずはデモ版を試してみた方が良さそうです。

私も試してから買うかどうか決めます。使い勝手が良ければ Lightroom よりも安いですし、かなり良いでしょう。

Software Bundle: AI-Powered Photo Editor with Luminar 4

「セール」の最近記事

最近の記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。