Humble Bundle が「Humble Square Enix Collective Bundle 2020」の販売を始めました。

パブリッシャーが SQUARE ENIX のゲームが集まっていますが、普通の人でも知っているゲームはおそらくないでしょう。PCゲーマーならたぶん知っているゲームがあるはず。

この中で日本で一番有名なのは「Tokyo Dark」でしょうか。ポイント・アンド・クリックタイプのアドベンチャーゲーム。日本を舞台にしていて、女性の刑事が主人公。ミステリーと狂気なストーリー。

PS4 や Nintendo Switch に移植されているので名前を知っている人もいるかと思います。もちろん日本語でプレイ可能です。

開発者は開発当時には日本に6年住んでいたとのこと。つまりストーリーを作ったのが日本人ではないのですが、日本をよく捉えているというレビューが多いです。

「Boundless」はマインクラフトのようなゲームです。マインクラフト系のゲームが好きな人は知っているゲームかもしれません。2014年から Early Access でゲームが販売されていたのですが、それほど人気になりませんでした。

「Children of Zodiarcs」はファイナルファンタジータクティクスのようなゲーム。あの手のタクティカルゲームが好きな人は楽しめるでしょう。ストーリーはかなりヘビーとのこと。

「BATTALION 1944」は CoD ライクな FPS。アジアサーバーがないのが欠点とのことで、Ping が 120ms くらいのなかで戦わなくてはならないようです。ただゲームはとても面白いというレビューが多いです。

「The Turing Test」は「Portal」に似たゲームです。この Bundle の中では有名な方だと思います。

この Bundle の販売期間は2週間です。

Humble Square Enix Collective Bundle 2020

「セール」の最近記事

最近の記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。