Humble Monthly の2月分の Early Unlock が公開されました

すぐに入手できる Early Unlock のゲームは「龍が如く0 誓いの場所」と「Tom Clancy's The Division」。この他に入手できるゲームは 2/1 に公開されます。

「Humble Monthly」については下の記事にまとめてあります。

PCゲーマーは『Humble Monthly』を知らないと損する。Steamセールでゲームを買うより断然コスパが良い
PCゲーマーは『Humble Monthly』を知らないと損する。Steamセールでゲームを買うより断然コスパが良い

日本のゲームが Humble Monthly に入っていると嬉しいですね。

龍が如く0 誓いの場所

Tom Clancy's The Division

「龍が如く0 誓いの場所」は Amazon のレビューSteam のレビューも参考にどうぞ。発売されたのは最近だと思っていたのですが、PS4版は2015年発売でした。PC版は 2018/8 で、発売されたばかりです。海外では「Yakuza 0」というタイトルです。Yakuza シリーズ。直球です。

「龍が如く0」は龍が如くシリーズを全くプレイした事が無くても問題ないようで、このゲームでは「龍が如く 1」に繋がるこのシリーズの一番最初のストーリーを描いているとのこと。

今後PC版で「龍が如く 1」のリメイク「龍が如く 極 (Yakuza Kiwami)」の発売が予定されています(cf. Steam Store)。PCでも龍が如くシリーズを全てプレイできるようになりそうですね。

以前から興味はあったゲームなのですが、これまでPCではプレイできなかったためプレイするタイミングがありませんでした。今からプレイする人にとっては龍が如くシリーズのストーリーの最初から始まるというのが有り難いです。ストーリーの途中からではプレイする気がなくなってしまいますから。

「Tom Clancy's The Division」は Steam では賛否両論の評価ですAmazonでのコメントも参考になります。「アクションシューターRPG」というジャンルのようで、トレジャーハントの要素があるようです。トレジャーハント要素は面白そうです。アップデートでソロに優しくなったとのこと。ただ Borderlands のようにキャラクターのレベルの影響が強いようで、敵とのレベルが離れていると敵が堅いようです。

この前の Steam Winter Sale で「龍が如く0 誓いの場所」は2604円、「Tom Clancy's The Division」は972円です。両方とも海外に比べて日本の価格が高く設定されています。今回の Humble Monthly では色々合わせて $12 以下で購入できるのでかなり安く買うことができます。

Humble Monthly にはこの2つのゲーム以外にもゲームも含まれていますし、気に入るゲームが3~4つあれば、1つのゲームが $4~3 です。「龍が如く0 誓いの場所」と「Tom Clancy's The Division」のどちらか一方でも興味があれば買っておいた方が良いでしょう。

これほど安くなることはなかなか無さそうで、あったとしてもかなり先になります。随分安い価格で買えるのでゲームが合わなくてもこの価格ならそれほど痛くありません。

私はもう購入しました。後でプレイしてみようと思います。ゲーマーとしては龍が如くシリーズは一度プレイしておきたかったゲームだったので嬉しいです。

Humble Monthly の公式サイトはこちら

「セール」の最近記事

最近の記事

About

Nomeu

ほとんどのジャンルのゲームが好きです。特に好きなのはRPG。「Xenogears」「クロノトリガー」「ペルソナ3、4」とか。ドラクエは「V」。主人公が「勇者」ではないところが好き。ビジュアルノベルは「STEINS;GATE」「Ever 17」「AIR」が好き。

どこぞの作曲コンクール最優秀賞受賞。好きなゲーム音楽は「愛のテーマ (FF)」「Heartful Cry (ペルソナ)」「夢の卵の孵るところ (Xenogears)」「凍土高原 (Kanon)」「夜の底にて (クロノトリガー)」「Theme of Laura (Silent Hill 2)」「Scarlet (みずいろ)」「bite on the bullet (I've)」など。たくさんありすぎてスペースが足りません。

ゲーム音楽以外だと「Ballet Mecanique (坂本龍一)」「月光 第3楽章 (L.v.Beethoven)」「水のない晴れた海へ (Garnet Crow)」「Angelina (Tommy Emmanuel)」「空へ… ライブ版 (笠原弘子/ロミオの青い空)」「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ/幽遊白書)」「スカイレストラン (ハイ・ファイ・セット)」など。

Twitterのアカウントはありますがうまく扱えていません。Twitterでご連絡の際はDMだとメールが来て気付けます。