風来のシレンで拾う「どうたぬき」って?

「どうたぬき」って何だろうとずっと思いながらプレイしていた風来のシレン。平仮名からは「銅たぬき」しか思い浮かばなかったのだけど、ゲーム中ではなかなか強い刀として登場した。検索してみると、「どうたぬき」は「同田貫」と書くらしい。
同田貫 (Wikipedia) 同田貫(どうたぬき)は九州肥後国菊池の同田貫(地名)を本拠地に、永禄頃から活躍した肥後刀工の一群。延寿派の末流とされる。銘を九州肥後同田貫、肥後州同田貫、肥後国菊池住同田貫などと切り、また個銘(刀工の名)もある。中では加藤清正から一字を授かったという切銘の正国(九州肥後同田貫藤原正国、または上野介)が一番しられ、もともと同田貫は清正の抱えであった、とも伝えられる。作柄の出来、見処(鑑賞価値)に乏しい作刀が多いことから、著名(後述)で高価なわりに現代の刀剣界において評価の低い刀工群である。
とりあえず、銅のたぬきでは無いことに安心。でも実物を見てみたい。
【楽天市場】復刻名刀 居合練習刀 同田貫(正国)大・小刀:岐阜関刃物工房V.ROAD より
... 続きを読む: 風来のシレンで拾う「どうたぬき」って?

風来のシレンで拾う「どうたぬき」って?

2011/09/19

「どうたぬき」って何だろうとずっと思いながらプレイしていた風来のシレン。平仮名からは「銅たぬき」しか思い浮かばなかったのだけど、ゲーム中ではなかなか強い刀として登場した。検索してみると、「どうたぬき」は「同田貫」と書くらしい。

同田貫 (Wikipedia)

同田貫(どうたぬき)は九州肥後国菊池の同田貫(地名)を本拠地に、永禄頃から活躍した肥後刀工の一群。延寿派の末流とされる。銘を九州肥後同田貫、肥後州同田貫、肥後国菊池住同田貫などと切り、また個銘(刀工の名)もある。中では加藤清正から一字を授かったという切銘の正国(九州肥後同田貫藤原正国、または上野介)が一番しられ、もともと同田貫は清正の抱えであった、とも伝えられる。作柄の出来、見処(鑑賞価値)に乏しい作刀が多いことから、著名(後述)で高価なわりに現代の刀剣界において評価の低い刀工群である。

とりあえず、銅のたぬきでは無いことに安心。でも実物を見てみたい。

【楽天市場】復刻名刀 居合練習刀 同田貫(正国)大・小刀:岐阜関刃物工房V.ROAD より

これがあの「同田貫」らしい。私はあまり刀に詳しくないので、普通の刀に見える。普通というか、普通すぎるというか。上のサイトでは一振り5万円ほどらしい。刀を買おうとは全く思ったことが無いのだけど、刀というものは大体数万円で買える様子。
(※この刀は「居合練習刀」で、模擬刀[cf.Wikipedia] であるとのこと。真剣はこの十倍以上の値段らしい。)

折角なので、同じく風来のシレンに登場した「長巻」も調べてみた。風来のシレンをプレイした当時は読み方が分からなかったことを良く記憶している。当時は無難に音読みで「ちょうかん」と読んでいた。本当は「ながまき」。当時は「長巻」という文字からゲーム中に登場するアイテムの「巻物」を連想していた。

長巻 (Wikipedia)

長巻(ながまき)は刀剣の一種で、大太刀から発展した武具である。

研究者や資料によっては「薙刀(長刀)」と同一、もしくは同様のものとされていることもあるが、薙刀は長い柄の先に「斬る」ことに主眼を置いた刀身を持つ「長柄武器」であるのに比べ、長巻は大太刀を振るい易くすることを目的に発展した「刀」であり、刀剣のカテゴリーに分類される武器である。

【楽天市場】備前一文字吉房 長巻拵え-徳島羽帝 御番鍛冶之名工-(最高級居合刀) 布製刀袋付き:しのびや楽天市場店 より

これが長巻らしい。もっとたくさんの画像が上のサイトにある。薙刀のようにも見えるのだけど、Wikipedia の説明をみると、薙刀では無く「振るいやすい刀」らしい。こちらは8,4000円。同田貫の二倍ほど。刀の価値を知っている人からすると妥当な値段なのだろうか。画像を見る限り、思ったよりも格好いいのは確か。

風来のシレンの開発者は「同田貫」という刀を知っていて、「強めの刀」として登場させていたというのは感心してしまう。開発者に剣道をしていた人がいたり、ゲームを開発するに当たって色々と資料を見たのだろう。でも「どうたぬき」は漢字で表示して欲しかった。平仮名ではやはり、たぬき(狸) しか思い浮かばない。純粋な子供は「どうたぬき」「ぎんたぬき」「きんたぬき」で強い順になっているのだろうと思う…はず。そして「緑のたぬき」と「赤いきつね」を登場させればひと笑い取れそう。